お久しぶりです! 〜FUKABOROOMについて〜

久しぶりのブログ更新。

今回は昨年12月から始めたオンラインコミュニティ(FUKABOROOM)について書いていきます。

ページはコチラ→ https://www.seiyanakano-official.com

約半年が経ち参加メンバーの皆さんとの信頼関係も高まってきてより深い内容の話し合いもできるようになってきたと感じています。

では、どんなことをやっているのか。

今回は参加ページより踏み込んだ内容で書いていきたいなと思っています。

今現在行われている活動は主に3つ

①日々の交流(Facebook非公開グループ)

②オンラインミーティング(月1回、ゴールド・シルバー会員限定)

③慈善活動(ガーナ)

詳しく書いていきます。

①日々の交流(Facebook非公開グループ)

これが1番メインの活動になります。FUKABOROOMを始めてから半年間毎日欠かさず何かしらの投稿(呟き)を自分が行っています。長文で熱く語って”なげ~よ!”とメンバーから思われているだろう日もあれば、一言で疑問を投げかけることも。

この投稿に対してメンバーからのコメントがあれば返事もします。内容によっては討論になって更に他のメンバーも加わり話し合うことも。

元々は知らなかったメンバー同士が中野誠也という1つの共通点から集まりだんだん信頼関係が生まれ仲を深めていく光景を見られることは非常に嬉しい瞬間です。実際にメンバー同士でのプライベートな交流も生まれています!

メンバーからの疑問やこんな時どうしてるの?という質問があればもちろん答えます。ピッチ内ピッチ外問わずです!

それではもう少し踏み込んで具体的にどんな内容を投稿しているのか。

参加ページではざっくりしか書いていないのでもう少し詳しく書きます。

<投稿内容例>

・日々の気づき

  悩み、喜び、取り組んでいること、逆境への向かい方、本を読んで感じたことなど

・試合後の総括

  自チーム試合後の自分が感じていることの共有

・今ハマっていることの共有

  趣味のコーヒーなど

・食事(栄養)についての考え方、実践していることの共有

  根本的な食の捉え方、捕食についてなど

・治療や筋トレなどチーム活動+αの部分の共有

  実際に行っていることなど

ザッと挙げると上記のような内容を毎日何かしら投稿しています。

自分のことを少し触れると、シーズン序盤はなかなか試合に絡めず色々な葛藤がありました。そんな中でもメンバーに励ましていただきながら今やるべきことに目を向け取り組み続けたことにより出場機会も徐々に増えていきました。

試合に出場、そしてゴールを決めた時の喜びをメンバーの皆さんと共有できる瞬間は今までの経験とは違った絆を感じ、言葉だけでは表せない瞬間であったことを鮮明に覚えています。

今は怪我をしてしまったこともあり、今だから生まれる感情、取り組んでいることを共有しています!共に乗り越えていきます!



もし興味があるトピックがあれば是非FUKABOROOMでディスカッションしていきたいです!

②オンラインミーティング(月1回、ゴールド・シルバー会員限定)

ゴールド・シルバー会員限定の企画になります。

毎月1回開催し、ZOOMを用いた対面ミーティングになります。司会進行も自分で行っており、メンバー同士での意見交換や、自分の疑問に対してメンバー1人1人の視点から物事を考えます。

育ってきた環境、現在所属する環境、今までの経験が全く異なるメンバーが集まるFUKABOROOMは、様々な視点から物事を考えるきっかけになり毎回のミーティングで新しい気づきが生まれます!非常に有意義な時間になっています!

自分の取り組んでいることの共有も行っています。

③慈善活動(ガーナ)

メンバーの皆さんからいただいた会費の一部を慈善活動に当てています。

筑波大学の後輩でありガーナで現役プロサッカー選手の森下仁道協力の元、ガーナに支援活動を行っています。

現在すでに取り組んでおり、近々情報をアップさせていただきます。

なぜガーナなのか?どんな活動をどういった経緯で行っているかは後日詳しく書きたいと思います。

以上が今回このブログを通してお伝えしたいことです。

もし興味がある方がいれば是非参加ページを覗いた上でご検討ください!

https://www.seiyanakano-official.com



気軽に参加できる場です。

メンバーの皆さんも心優しい方しかいないことを保証します!笑



最後に、、、

FUKABOROOMのロゴを載せておきます!

想いを込めたロゴです!



最後まで読んでいただきありがとうございました!


閲覧数:164回0件のコメント

最新記事

すべて表示