検索
  • SEIYA NAKANO

FW論#1 「シュート」


記念すべき中野誠也のFW論 第一回はこのシュートシーンを切り取り深掘る。


”2018.5.9 ルヴァン杯GL5節 磐田vs清水”


忘れもしないゴール。

抜け出し方にも自分の良さが出ているが、そこは次回以降で深掘っていくことにしよう。


「感覚でシュートしました。」

おそらく当時だったらこう答えてしまっているだろう。

だからこそ自分の中で整理してみる。





まずはシュート状況から。

ゴールポストより外の位置からのシュートであり、ゴールから遠い足でのシュートを選択した。


ボールを受けた時点で相手キーパーと1vs1であったため迷いなくダイレクトシュートを選択した。


シュートコースの選択肢は、

①インフロントでニアに巻いた高めのシュート

②インステップでニアに低めのシュート

③インステップでキーパーの股を狙うシュート

④インフロントでファーに巻いて落とすシュート

この4つが浮かんでいた。

そして映像でも分かるように自分は③を選択した。


この場面では、浮かす選択肢よりもまず枠に入れる事を考えた。

自分の場合浮かすとその分ゴールの枠を外す可能性が高まる傾向にある。

そのため、自分の中では①と④の選択肢が消えた。


残るは②と③だ。

正直なところ②と③の両方を選択していた。

結果的に相手キーパーの股を抜いているが、低くて速いシュートを意識した。

だから股を抜いているのは狙ってはいるが完璧に狙ってはいない。

曖昧な答えですみません。

でもこれが本音です。


以上が今回のシュートシーンについて。

この場面で自分は4つの選択肢を持っていたが、この選択肢をもっと増やす作業、そしてどのシュートでも精度高く打てる技術を上げていきたい。


そして、もっと上手くなりたい。

文字にして改めて思っています。




次回は岡山での初ゴールについて振り返ろうと思う。

同じようなシュートシーンでも違った視点について。


もっとこういうことを説明してほしい。

ここがわかりにくかった。など

あればコメントからよろしくお願いします。

ブログ内の質問に関しては1つ1つ返信させていただく予定です!



667回の閲覧2件のコメント

©2019 by SEIYA NAKANO OFFICIAL SITE. Proudly created with Wix.com